花とファッションのハーモニー

ちょっとだけ花に詳しくなろう

花のことなら迷わず当サイトをご覧ください。
バースディや記念日、季節のプレゼントなど、お花のギフトはさまざまな利用シーンに応じて提供されています。花は季節を感じられる、魅力的なプレゼントになりそうですね。四季折々の風情にあわせた個性的のお花のギフトを選んでみてください。渡す花はどこで渡すのか考慮して、選択しなければならないのです。たとえば病院の見舞いに花を持ち込むときには、病が根付くという意味につながることから、根のある鉢植えは贈ってはならないとすることがマナーです。でも花束を持って行っても花器がなかったり、あったとしても水をあげられない方もいるので注意が不可欠です。皆さんはフラワーセラピーという文言を聞いたことがございますか。フラワーセラピーとは、花の活力を駆使したやすらぎのことです。花を見ただけで心身の体調を保つ働きを行うのです。花が空間にあるだけで、心持ちが明るくなったり、休憩できたり、おだやかな気持ちになったりした経験があると思われます。

みんなと花をよりエンジョイする

普段花を見るタイミングが減少しているからでしょうか。花をギフトとして受け取るととてもうれしいですよね。ものに溢れた世代だからこそ、緑の美を今一度感じる時だからでしょうか。贈り物に驚きを求めるなら一度は贈りたいですね。花束は高級なものに見えて際立ちがあります。容姿のインパクトの変化は偉大でしょう。だからといってあげた後に屋外を歩かなくてはいけない時、大きい花束を持って歩かなくてはいけませんので、妨げになる場合があります。花束は直接おうちに送り、数本だけをそこで渡すという渡し方もあります。わが国には非常に綺麗な四季があり、そのときに様々な自然が育まれています、繁華街に住んでいると季節感があんまり感じられませんが、季節ごとに公園に足を運んで花を見たり、花屋へ足を運んで買って、家に設置してみるなどして、四季を感じ取ってみてはいかがでしょうか。

花の深い知識

贈り物といえば花、と表面的には昔ながらの感じがしますが、案外時代関係なく嬉しいものです。人間の本質的な点は変わらないという感じだからでしょうか。年も問わないので大切な人への贈り物にぜひ選んでみてはいかがでしょうか。もらった切花ですが、皆さまはどうしていますか。花に特に大切なことはキレイな水に飾ることです。花器は専用の洗剤でキレイにしましょう。また茎もヌメりがなくなるように流水でキレイにするだけでも長持ちし、きれいに飾ることができます。押し花を小さい頃に作った事はありますかでしょうか。最近では作成方法も様変わりして、レンジを活用してキレイな押し花が作ることが出来るそうです。花は生花が最もキレイですが、ずっと楽しむことはできません。このレンジを用いた押し花の作成方法で、色のキレイな押し花を作って、思い出をキレイな形にしたり、お礼状やカードを出すケースに改良すると、色々楽しめるようになります。